香川県高松市でPairs(ペアーズ)で彼氏ができた体験談 | 他人の目を気にせず、自宅で無料で相手を探せます!

香川県高松市 30歳代 教員

〇Pairsの利用について
 Facebookなどのアカウントとつなげると、何かあったときに恥ずかしいと思い、フリーのメールアドレスを新規に取得し、それを基に無料登録しました。無料登録でも、条件指定・検索・メールのやり取りなどできるのでありがたかったです。

〇Pairsの利用を始めたきっかけ
 28歳を超えた頃、周囲の友人はほとんどが彼氏有り、婚約中の子やすでに結婚して家庭を築いている子もいました。私は教員で、職場には若手の男性は少なく、また仕事で外部の方と接触する機会もほとんどありません。生徒や保護者とのやり取りでは、恋愛面での発展は見込めませんよね。職場内恋愛や職場内結婚をしていく、他業種の友人たちをみていて、大変憧れました。休日も仕事関連で忙しくしており、こんな状態では一生このままかもしれないと焦りを感じ、手軽に始められる方法を考えていました。

すると、同じく教員をしている友人が、「Pairsって知ってる?このマッチングサイトは無料だし、私たちみたいに田舎に住んでいる人も結構登録しているよ。年齢が近い男性もたくさんいるし、登録して1か月でもうすでに3人くらいにあったんだー!」っとPairsの存在を紹介してくれました。
 

それまで、婚活パーティーや合コン、街コンなど、外に出て行って出会いを求めていましたが、教員という職業柄、夜に街中でそのような活動をしていると、学校帰りや塾帰りの生徒たちに目撃されてしまったり、生徒の兄弟や親せきの方などと席を一緒にしていたなんていうことも、実はありました。変な噂を立てられてしまったりしても嫌なので、かなり気を配ります。こちらの情報を下手にこそこそ隠したりすることも、相手の方に不快な思いをさせてしまうだろうなという思いもあり、落ち着いて参加できるものではありませんでした。

ですから、自宅で他人の目を気にしないで利用できる。無料でやり取りできる。時間を気にしないでよい。本当に会いたくなったら会えばよい、など私にとってメリットばかりあるように思われたので、Pairsを利用してみることにしました。

合コンとか街コンとかに参加して3,000~4,000円飛んで、タイプの人がいなかったら・・・
お金も時間もムダした気分になっちゃうけど・・・
 

合コンや街コンに参加することなく、
自宅で、いつでも、好きな時間に相手を探せる!
私にとってメリットばかりでした♪

〇Pairsでのやり取り
 自分の情報をたくさんは出したくなかったので、ぼんやりとした表現にとどめていました。が、「教育業界で働いていること」「平日はもちろん、休日も休みがほぼないこと」と、自分のコンプレックスはしっかりアピールしていました。「なんで連絡くれないの」とか、相手の方にクレームをつけられるのは避けたいと思ったからです。またコンプレックスとは、自分の身長です。私が身長170センチあるため、どうしても自分より身長の高い方とのみ、お付き合いしたいと考えていることをあらかじめ書いておきました。
 「いいね」機能は、ほとんど使っておりません。私に興味を持ってくださって、話をしてみたいと思ってくださった方とだけ、やり取りをしたいと思ったからです。ただ、5歳年上の男の方で、爽やかな笑顔が特徴的であった方にだけ、「スペシャルないいね」をつけました。なぜか、写真が目を引き、この人にぴんときたからです。それまでポイントなどを利用していませんでしたので、メッセージをつけて送信できる「スペシャルいいね」を躊躇なくおくることができました。
 するとすぐに返信が返ってきました。「スペシャルないいね、をもらったのは初めてです」と。8月5日ころから、連絡を取りあい、1か月後に初めてお会いする運びとなりました。

〇Pairsでメッセージを送りあい、会うまでの間のやりとり
 5歳年上の彼は、営業職で、仕事中に時間のやりくりを自分のペースでできる方でした。なので、結構頻繁にメールを送ってくださいました。最初は、お互いの趣味や休日の過ごし方など、当たり障りのないことからでしたが、話し上手な方で、ポジティブ発言が多かったため、メールのやりとりが大変楽しいものになりました。
 9月に入ったころ、「過去の恋愛について、聞いてくれる?」と、彼の方から、恋愛面の話を始めました。私は、あまり恋愛経験もなく、過去の恋愛はうまくいかなかった嫌なイメージしかないため、あまり話すのは喜ばしいことではなかったのですが、私の事情を馬鹿にすることもなく、お互い尊重しあって話しをしあうことができたと思います。
 いざ、会おうという話になったのは9月中旬のこと。前日に、初めてLINEIDを交換しました。そして、「電話しても良いか?」とのこと。緊張しましたが、仕事帰りの車の中、(スーパーに寄った際に、駐車場に停車して)彼とお話をしました。ネットで知り合った人と、いきなり対面するのは怖いだろうから、声を聴いて少しでも安心してほしかったという彼の発言に、正直「慣れてるな」とは思いました。が、彼の方言交じりの話し方がかわいらしく、翌日あうことが楽しみになったのを覚えています。

〇初めて会った日
 初めて会ったのは、お互い仕事終わりの土曜日夕方です。駅前で待ち合わせをしていました。私の方が早くついて、5分ほど待ったところで、スーツ姿の彼が現れました。私よりも8センチほど高く、足が長くて小顔な彼を見て、外見はドストライクですね、と思いました。少しだけ、肌に皺があり、「あ、やっぱり年上だ」と思ったことは秘密です。彼が予約してくれていた火鍋のお店に案内してもらいました。火鍋のお店は初めてだったのですが、彼の会社がそのお店の改装に関わったということで、仕事のお話からスタートしていきました。私はその当時、仕事に対して愚痴ばっかりで、イライラしていたので、正直、彼にとってかわいげのある人ではなかったと思います。イライラを落ち着かせよう、とか、肌荒れ対策だ!などと、面白おかしく盛り上げてくれて、薬膳がたっぷり入った火鍋を頂きました。
 1件目のお店は、彼が「ゴールドカード使いたいき、払わせて!」などと言ってくれたので、お言葉に甘えました。「わたしも、楽天カード使いたいわ!2件目いかない?」と言ってみたところ、「喜んで!」といってくれたので、2件目も彼の行きつけのバーに行きました。オシャレで、おいしいバーの雰囲気にのまれ、結構甘い雰囲気になりました。
 帰りは、終電で間に合うように、駅前でサヨナラしました。

〇その後
 実は1週間ほど連絡が来ませんでした。「あれ、うまくいかなかったのか・・・残念」と思っていましたら、しばらくして、「ケータイが壊れてしまって、データ復元にすごく時間がかかってしまった」との謝りのメールが。そこに、修理の明細書が添付されていたので、「嘘かもしれないけど、だまされてあげよう」と思いました。しかし、関係を進めるのか、やめるのか、ははっきりしておきたいと思い、「今後、どういう風な関係になっていくと思いますか?」と直球で聞いてみました。「是非、進めたいと思っている」と言ってくれたので、じゃぁ今週中に一回会いましょうと。再度お会いし、顔をみあってお互い話をして、正式にお付き合いすることになりました。
 そこから半年ほどお付き合いしました。が、翌年2月中旬になって彼が仕事の都合で転勤することに。県外です。まだ、結婚とかそういう話は出ていませんでしたし、私も年度の途中で辞められる仕事ではないために、ひとまず、お引越ししていく彼をお見送りしました。そこから何度か、彼のところを訪れましたが、、、、久々にPairsのアカウントを開いてみると、違う県に登録を変更し、恋人を募集するとのコメントのせた彼のページを発見。彼に「どういうことですか?」と聞いてみたところ、うやむやにされたため、もうお付き合いできません、とお断りしました。

〇実際に使ってみた結果
 全体的にコミュニケーション力が低い方が多い印象を持ちました。しかしながら、彼らはすごく誠実だと思います。一方で、一見コミュニケーションがうまくいくタイプのひとは、それでも結婚していないことの理由をよく考えてやり取りした方がいいなとの反省があります。直接知り合うのが先か、ネットで知り合うのが先か、の違いで、結局のところ「人と知り合うこと」に変わりはありません。チャンスを広げることは間違いないので、あくまで一つの出会い方として、Pairsという手段もあるのだということを、肯定的に捉え、自分の価値観の許す範囲で利用すれば、不安も減ると思います。お互い頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です